はじめに

■ゆがみ取り体操に共通する考え〈連動運動〉

(1)まず、基本姿勢をとります。
(2)決められた動きを左右同じように行い、やりやすい方とやりにくい方を決めます。
 基本的には、やりやすい方から体操をし、その後やりにくい側を行います。
(3)やりやすい側の耳の後ろから股関節を通り、かかとまでの縦の軸線(基本軸)を想定します。体操ではまず、基本軸を伸ばしてそれに重心を寄せます。次に、軸より外側の成分を下から上へ、軸を中心に後ろへねじります(この動きで重心が基本軸からさらに腰の中央へ寄るのを意識します)
(4)動きの最後に、動きを止めて息を吸い、2、3秒の息止めと動きのタメを作った後、一気に息を吐いて、瞬間脱力します。
(5)やりやすかった側の体操を数回行った後、次にやりにくかった側の体操を同じように行います。両側から体操を行うと重心が腰の中央に収まります。
(6)最後に、やりやすさの差が小さくなっていれば、体操の効果があったことになります。


【かかと押し出しの体操・補助者がいる場合】

補助者は本人が押し出す足のかかとに親指を当て、かかとをゆっくり伸ばす途中で抵抗を加える。
腰骨を引き寄せる側は、足首を軽く握り、動きの途中で抵抗を加える。
両側の抵抗によって、両腰骨が腰の中央へ寄った状態となる。


腰、胸部、肩、首などのゆがみに効果的です。

外から見るとかかとの動きですが、実際に動かしているのは骨盤です。
かかとを動かすときは、床に押し付けながら押し出すと、腰がよく動きます。
腰骨を引き上げるときは、かかとを浮かし気味にすると、腰と重心がよく動きます。
骨盤を動かし、左右の、“重心を体の中央の方へ押し込む力”を釣り合わせることで、重心を、仙骨の中程で「丹田のツボ」(ちょうど両股関節の中間で、へそ下10センチの場所)の奥へ落ち着かせます。