VOL.472[食べる]

雨が降り続き、じめじめと湿気が多い梅雨。子どもが鼻風邪をひいたり、気分が落ち込んだりと、この時季ならではの不調が出てくることはありませんか。梅雨に起こりやすい症状に効果的な食材と、家庭でも簡単にできる薬膳レシピを教えてもらいました。


そもそも薬膳ってナニ?

中国の伝統医学に基づいて、季節や自分の体質・体調に合わせた食材を選んで食事に取り入れる食習慣のこと。旬の食材には、その時季の不調を和らげる効能があるといわれています。意識して取り入れ、体調を整えましょう。


梅雨の時季に出やすい症状は?

梅雨になると私たちの体の中に余分な水分がたまりやすくなります。水分代謝が滞ると体が重だるくなり、冷えやむくみ、肌トラブルなどが起こりやすい体に。特に子どもは鼻風邪、おなかの不調、気分の浮き沈みが出やすくなります。


梅雨のおすすめ食材

(1)利尿作用のあるもの

トウモロコシ、エダマメ、キュウリ、緑豆春雨など

(2)消化吸収力を上げるもの

豆類、雑穀、ジャガイモ、ヤマイモ、サトイモなど

(3)気分転換できる香りの良いもの

かんきつ類、大葉、セロリ、ミント、カレー粉、ジャスミン茶など

むくみの原因となる生野菜や果物、冷たい飲み物、砂糖を過剰に摂取しないこともポイントです


ササッとできる梅雨の薬膳ごはんレシピ

トウモロコシご飯

詳しいレシピはこちら

トウモロコシご飯


たたきキュウリのナムル

詳しいレシピはこちら

たたきキュウリのナムル


教えてくれたのは

薬膳アドバイザー
山口良子さん

子育て情報紙「くまにちキャロット」の公式Instagramで夕飯レシピを更新中。

旬の食材を積極的に取り入れましょう

山口良子さん

くまにちキャロット公式Instagram

URLはこちら