vol.491 楽しむ

クリスマスまでの日をカウントダウンする「アドベントカレンダー」。市販品も多いですが、手作りする人が増えています。100円ショップでそろうアイテムを使ったアドベントカレンダーを編集部で作ってみました。

クリスマスまでの24日間を楽しもう 親子で作る アドベントカレンダー


オーナメント風 壁掛け式アドベントカレンダー

アドベントカレンダーの楽しみ方

アドベントカレンダーは12月1日から24日まで、クリスマス前の期間をより楽しく過ごすためのもの。毎日1つずつ袋を開けるワクワク感を親子で楽しめます。カレンダー作りはアイデア次第でどんな形でもOK。24日分の袋にお菓子やおもちゃ、文房具などを入れ、子どもと一緒に飾り付けをすれば世界に一つだけのオリジナルカレンダーが完成します。

POINT

日付の袋を探すことで、数の学習も楽しくできます。

POINT

形の違う袋を下げるとオシャレ度もアップしますよ。

アドベントカレンダー


材料

※主に100円ショップでそろうもの

★木の枝(約40cm)1本
★園芸用結束ワイヤー
★針葉樹の葉、または葉や実の付いたフェイクグリーン(人工植物)3本程度
★紙袋24枚
★お菓子24個
★オーナメント2~4個
★麻ひも(40cm)25本
★ペン
★穴開けパンチ
★木工用ボンド、またはグルーガン
★赤い実や松ぼっくりなどクリスマス用の装飾 15個程度


作り方

(1)

木の枝の片側に葉を置き、ワイヤーを巻き付けて固定する。ワイヤーを隠すように残りの葉や実をボンドで接着する。

木の枝の片側に葉を置き、ワイヤーを巻き付けて固定する。ワイヤーを隠すように残りの葉や実をボンドで接着する。

(2)

紙袋に1から24までの数字を書き、お菓子を入れる。

紙袋に1から24までの数字を書き、お菓子を入れる。

(3)

紙袋の上部を折り畳み、パンチで穴を開ける。穴に麻ひもを結ぶ。

紙袋の上部を折り畳み、パンチで穴を開ける。穴に麻ひもを結ぶ。

(4)

(3)の紙袋にボンドやグルーガンで飾りを接着する。

(3)の紙袋にボンドやグルーガンで飾りを接着する。

(5)

(1)に(4)の紙袋とオーナメントをランダムに結ぶ。麻ひもの両端を(1)に結び付け、フックに下げれば出来上がり。

POINT

袋が重ならないように、ひもの長さを調整しましょう。

(1)に(4)の紙袋とオーナメントをランダムに結ぶ。麻ひもの両端を(1)に結び付け、フックに下げれば出来上がり。