[VOL.496]楽しむ

長引くマスク生活で、無意識のうちに口呼吸になる人も少なくありません。口呼吸が習慣になると、唾液の分泌が減って風邪をひきやすくなることもあるようです。口や舌を動かして口周りの筋肉を鍛え、親子で楽しく口呼吸を防ぎましょう。


口周りを鍛えるメリットって?

舌を動かしたり、かむ回数を増やしたりするなど、口周りを鍛えることで「唾液の分泌を促す」「血行が促進され、脳が活性化する」「かみ合わせの改善」などにつながります。また、舌が上あごにぴったり付いた状態を保てるようになり、鼻呼吸になることで、免疫力アップも期待できるそうです。


親子でチャレンジしよう!

舌タントン

口の中で舌を持ち上げて「タン!」「トン!」と勢いよく音を鳴らす運動です。

1

「ア」と発声する時の口の形を作る

2

舌先を上の前歯の少し手前(スポット)に付け、舌全体を上あごに吸い付ける

3

そのまま大きく口を開き、舌の裏のひも(舌小帯)を伸ばす

4

勢いよく舌を離し「タン!」と音を鳴らす

5

「ウ」を発声する時の口の形を作り、舌をスポットに置き、舌を「トン!」と鳴らす。それぞれ10回繰り返す


ぐるぐるベロ回し

口を閉じた状態で、舌で歯茎の外側をなぞりながらぐるぐる回します。

1

唇を閉じたまま、舌を前歯の外側に置く

2

舌先で外側の歯茎をぐるりとなぞる。右の口角から上の歯茎、反対の口角から下の歯茎へゆっくり動かし、10回繰り返す

3

左の口角からスタートし同様に10回繰り返す


風船膨らましトレーニング

風船を膨らませることで、口周りの筋肉が鍛えられます。

1

風船を大きく膨らませる

2

風船の空気を抜き、また膨らませる。この作業を3分間繰り返す

親子でチャレンジ

3分間に何回膨らませられるか、親子で競ってみよう!

※風船を膨らますことが難しい場合は、吹き戻し笛を使ってもOK


教えてくれたのは

元島歯科クリニック
元島 道信院長

舌を鍛えて免疫力をアップしましょう

元島 道信院長