「し~ずのいいね!」では、すぱいすライター「すぱいし~ず」が、気になるグッズやショップなどを紹介しています。

今回は、すぱいし~ず・咲が熊本市中央区練兵町のとあるビルの一室に映画館付きのカフェ・バー「Roman Cafe-Bar」が誕生したと聞き、行ってきました。

入店前から圧倒される・・・ 有形文化財である熊本市最古の貸しビルのたたずまい

まず驚かされるのは建物の堂々たるたたずまい。同店は、熊本市最古の貸しビルといわれ登録有形文化財にも指定されている「早野ビル」(大正13年建設)の3階と4階にあります。恥ずかしながら、街なかにこのような歴史ある建物が存在していることすら知らなかった私・・・。「こんなにディープなスポットが身近にあっただなんて・・・」とお店に入る前から圧倒されました。

▲県内最古の貸しビルといわれ有形文化財にも指定されている「早野ビル」(大正13年建設)

▲店舗まで続くレトロモダンな階段。店舗に行き着くまでの、階段や手洗い場など建物の外観も内装も至るところがレトロでかわいくて、入店前からワクワクがとまりません

始まりは貸し切り映画館 「歴史ある建物を残したい」 

手掛けるのは県内外で注目を集める動画クリエーター・中川典彌さん。「最初はカフェをやろうとは思っていなかったんです」と中川さん。実は1年以上前からこの場所を借りていて、当初は動画の制作を依頼してくれたお客さんに特別な空間で映像を見てもらうための「貸し切り映画館」にしていたそう。
 
そして「より感動的に映画館に招待するためにも、入る前のワクワク感を演出する受付や飲食が楽しめる空間がほしい」と考えカフェスペースをつくることを発案。会員制にすることも考えたそうですが、「歴史ある早野ビルをこれからも守っていくためにも、建物自体のファンをつくりたい」との思いから、今年4月、誰でも来られるカフェ・バーをオープンし、貸し切り映画館も一般解放しました。

▲今回お話を聞いた中川さん

扉やバーカウンター、壁の塗装、インテリアなど全て仲間たちと一緒に手作業で作り上げたというから驚きです。クリエーターならではのセンスあふれる隅々までこだわり抜かれた空間はずっと見ていても飽きません。

▲壁やカウンター、ドライフラワーなど全て自分たちの手で作り上げたカフェスペース

カフェメニューも進化中・・・ 人気飲食店とのコラボも!

昼と夜のレギュラーメニューは、バーテンダー手作りのカレーと、かあちゃんの手作りケーキ各種。カレーは数量限定なので食べたい方は予約がおすすめですよ。

▲バーテンダーの手作りカレー。写真はキーマカレーとバターチキンカレーのあいがけ(1000円)

▲かあちゃんの手作りケーキ(1個300円~)。本当に中川さんのお母さまが作っているんですって!

さらに、6月から夜(バー)限定の新メニューとして「大正ナポリタン」(780円)も登場。建物と同じように長い歴史を持つナポリタンスパゲティー。ビールやワインが進む、古き良き味が再現されています。

▲大正時代から残るレトロな空間で味わう、昔懐かしいナポリタン…。きっとタイムスリップしたような気分になるに違いありません
 
そして、こちらも見逃せない新メニュー!

上天草で大人気のドーナツ屋さん「MACOCOROCHAYA」とコラボしたエメラルドドーナツが昼も夜も楽しめます。上天草まで足を延ばさないと食べられなかったあの味に熊本市内でありつけるだなんて…、うれしすぎませんか?
 
店内で食べてもいいですし、真空パックタイプの持ち帰りも可能です。

味は全部で4種類(1個:530円~)

・自家製ブルーべリー
・抹茶あん
・熊本産蜂蜜シナモンとアーモンド
・自家製黒蜜きなこ

テイクアウト用の真空パック。1パック(2個セット)1030円

思わず本音がもれるラジオルーム

カフェに隣接するラジオルームには県内で活躍するアーティストらが訪れ、歌ったり話したりして自由に収録を楽しんでいます。収録中の声がリアルタイムでカフェスペースに流れることもあるそうですよ。タイミングが合えばラッキーですね。録音した音声は、アプリなどそれぞれの好きな手段で発信されています。また、一般の人も何か情報を発信したい時や、公開はせずに思い出を残したい時にも利用できます(要予約・料金は応相談)。
 
私もパーソナリティー用の椅子に座らせてもらいました。口元にマイクがセットされているからなのか、周りの音が聞こえにくい静かで落ち着く空間のせいなのかよく分かりませんが、「ここに座れば普段はなかなか口に出せないことや心の奥底にある本音もつい話してしまいそうだな」という不思議な感覚になりました。

映像を独り占めする感動体験

▲4階にある貸し切り映画館「OMOIDE THEATER」。夜は窓から見える夜景もきれい
 
そして、やはり気になるのが映画館。その名も「OMOIDE THEATER」。中川さんが手掛けた映像だけでなく、好きな映画なども高画質・高音質で楽しめます(要予約・料金は応相談)。
 
私も実際に、中川さんが脚本から撮影・編集まで手掛けた短編動画を見せていただきました。歴史ある建物ならではの落ち着く香りに包まれながら、大画面前のふかふかのソファーに座り、映像を独り占めするぜいたくな時間。映像のクオリティーと、とっておきの空間が相まって、たった8分の映像を見ただけなのに、まるで長編映画を見たような、いやそれ以上の感動を味わいました。
 
「いつかここに大切な人と一緒に来て思い出の映画や映像を見たらすてきだろうな~」「だれかにサプライズで使ってみたいな~」と次々と妄想が浮かんできました。非日常を味わえる映像体験。正直、取材後は夢見心地過ぎて会社に戻りたくなかったです…。あなたも行ってみれば分かります。

はやり廃りのない場所に

カフェも映画館もつい写真に残したくなるすてきな空間であることに違いありませんが、中川さんが目指すのは、「単なる写真映えスポット」ではなく「ディープで、はやり廃りのない場所」。「10年後くらいにはやったらうれしいかな。数年後にここで撮った写真や映像を見返した時にも当時の思い出がよみがえって、幸せになれるような場所にしたい」。「Roman Cafe-Bar」には、動画クリエーターとして常に“思い出”と向き合う中川さんの思いが詰まっています。

店舗情報

Roman Cafe-Bar

住所
熊本市中央区練兵町45早野ビル3階・4階
営業時間
不定 ※詳細はインスタグラムで確認を。ほぼ毎日更新中
インスタグラム
@ roman.building
備考
※予約・問い合わせはインスタグラムのDMから