〈教えてくれた人〉池田春香さん/発酵食・野菜ソムリエ
春から秋口まで長い間店頭に並ぶアスパラガス。いろいろな食べ方で楽しめるように工夫しました。ピリ辛のみそ床は、ダイコンやセロリ、キュウリなどを漬けてもおいしいですよ。

材料/4人分
アスパラガス
200~300g
オリーブオイル
大さじ2
白ネギ
100g
豆板醤(トウバンジャン)
小さじ2
ゆで卵
2個
ミニトマト
10個程度
【A】
みそ
大さじ3
砂糖
大さじ1
酒、みりん
各大さじ1
作り方
  1. 1

    アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、皮を薄くむいて3cmの長さに切る。白ネギは粗みじんにする。Aは混ぜ合わせておく。

  2. 2

    塩少々(分量外)を入れた沸騰した湯でアスパラガスを1分間ゆでて水気を切り、完全に冷ます。※湯はアスパラガスが浸る程度でOK

  3. 3

    フライパンにオリーブオイルを熱し、白ネギと豆板醤を弱火で香りが出るまで炒め、Aを加える。バットに移して完全に冷ます。

  4. 4

    (3)に(2)を入れる。ラップをかぶせて重しをのせ、1時間程度漬ける。

  5. 5

    カットしたミニトマトとゆで卵、(4)を盛り付けて出来上がり。

POINT

アスパラガスの皮をむくときは、力を入れずに、ピーラーで優しくなぞるようにむきましょう。ピリ辛漬けの(4)では、アスパラガスとみそを、どちらも完全に冷ましてから漬けること。

このレシピを印刷する