〈教えてくれた人〉池田春香さん/発酵食・野菜ソムリエ
春から秋口まで長い間店頭に並ぶアスパラガス。いろいろな食べ方で楽しめるように工夫しました。ピリ辛のみそ床は、ダイコンやセロリ、キュウリなどを漬けてもおいしいですよ。

材料/4人分
2合
昆布だし
2カップ
ちりめんじゃこ
20g
小さじ1/2×2
アスパラガス
200~300g
サラダ油
大さじ1
作り方
  1. 1

    炊飯器に、洗った米、昆布だし、ちりめんじゃこ、塩小さじ2分の1を入れて炊く。

  2. 2

    アスパラガスは根元の硬い部分を落とし、薄く皮をむいて5mm幅の小口切りにする。

  3. 3

    フライパンにサラダ油を熱し、(2)を中火で1分ほど炒め、塩小さじ2分の1で味付けをする。

  4. 4

    炊き上がったご飯に(3)のアスパラガスを加え、さっくりと混ぜ合わせる。お好みで薄焼き卵や削り節などをトッピングする。

POINT

アスパラガスの皮をむくときは、力を入れずに、ピーラーで優しくなぞるようにむきましょう。

このレシピを印刷する