深まる秋にそそられる、サツマイモのスイーツ。ほっくりとした優しい甘さと、スパイシーなシナモンの風味が相性抜群です。

〈教えてくれた人〉福島朝羽さん/料理研究家
冷えが気になる季節。血行を促進し冷え性改善効果のあるシナモンと、旬のサツマイモを合わせてスイーツにしました。卵が余らないよう、2個を使い切る配合にしています。

材料/16個分
●芋あん
 
サツマイモ(正味)
500g
砂糖
約100g
バター
30g
卵黄
1.5個分
練乳
大さじ2
●皮生地
 
バター
40g
砂糖
100g
卵白
2個分
薄力粉
200g
ベーキングパウダー
小さじ1/2
●照り卵
 
卵黄
0.5個分
みりん
小さじ1/2
シナモンパウダー
適量
黒ゴマ
少々
作り方
  1. 1

    芋あんを作る。サツマイモは皮ごと蒸す(またはゆでる)。熱いうちに皮をむいてつぶし、バター、砂糖、練乳、卵黄の順に加えてその都度よく混ぜ合わせ、冷ましておく。

    ※サツマイモの水分が少ないときは、牛乳を少量加えて滑らかにする

  2. 2

    皮生地を作る。バターは室温に戻し、泡立て器で砂糖と混ぜる。卵白を少しずつ加えて混ぜたら、薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れてゴムべらでしっとりするまで混ぜる。

    ※生地が軟らかいようなら、ビニール袋に入れて冷蔵庫で20~30分寝かせる

  3. 3

    (1)の芋あんを8等分にし、サツマイモの形に形成する。

    (1)の芋あんを8等分にし、サツマイモの形に形成する。

  4. 4

    皮生地を8等分にする。まな板に打ち粉(分量外)をふり、めん棒で直径12cmほどに延ばす。

    ※打ち粉はふり過ぎないこと

    皮生地を8等分にする。まな板に打ち粉(分量外)をふり、めん棒で直径12cmほどに延ばす。 ※打ち粉はふり過ぎないこと

  5. 5

    (4)に(3)の芋あんをのせ、皮生地の両端を合わせるように閉じて包み、芋の形に整える。

    (4)に(3)の芋あんをのせ、皮生地の両端を合わせるように閉じて包み、芋の形に整える。

  6. 6

    シナモンパウダーを広げて(5)をのせる。転がして表面全体にまぶし、包丁で斜めに2等分する。切るときに形が崩れるので、優しく整える。

    シナモンパウダーを広げて(5)をのせる。転がして表面全体にまぶし、包丁で斜めに2等分する。切るときに形が崩れるので、優しく整える。

  7. 7

    照り卵用の卵黄とみりんを混ぜ合わせ、(6)の切り口に塗る。中央に黒ゴマをのせる。

  8. 8

    オーブンシートを敷いた天板に(7)の切り口を上にして並べ、170℃に温めたオーブンで25~30分焼く。

POINT

皮生地で芋あんを包むとき、皮の合わせ目が厚くならないように注意。皮の厚みが均等になるように包みましょう。芋あんの砂糖は、芋の甘さに応じてお好みで加減を。

このレシピを印刷する