大河への道 5/20(金)公開

技術も機器もない江戸時代に、精密な日本地図を完成させた伊能忠敬。その偉業を題材にした立川志の輔の創作落語を、ユニークな手法で映画化した作品です。

千葉県香取市の職員・池本(中井貴一)たちは、地域おこしのために郷土の偉人である伊能を主人公にした大河ドラマの企画を売り込むことに。ところが、調査を進めた彼らは、実は伊能が地図の完成前に亡くなっていたことを知ります。

池本らの現代劇の中に、伊能の死を隠して地図の作成を続ける弟子たちを描く時代劇部分が組み込まれ、主要キャストが一人二役で登場。時代を超えた両者の悪戦苦闘ぶりがシンクロする作り。

基本はコメディーですがサスペンスや感動ものの要素もあり、原作の落語そのままの語り口のうまさを楽しめる好編です。
(フリーライター・上妻祥浩)

(C)2022「大河への道」フィルムパートナーズ

[上映館]

  • TOHOシネマズ熊本サクラマチ・はません・宇城・光の森
  • ユナイテッド・シネマ熊本
  • イオンシネマ熊本
  • 熊本ピカデリー