第46景

本市電を舞台に婚活する「こいのり」が開催されました。電車の目的地は「幸せ」ですが、実際には上熊本電停を出発し健軍電停で降り、商店街で交流を深めるという企画です。20代~30代の独身者、男性20名女性24名が参加し、お見合いをしました。

まずは貸し切り運行となった電車内での自己紹介。参加者は口々に「家と会社の往復だけでは出会いはない。通勤の電車の中で声を掛けるなんてできやしない」と言います。確かにその通り。普段電車に乗っていて、タイプの人がいてもなかなか声は掛けられないけれど、今日はそれができるチャンス! 私からは「今日やらないでいつやるの?今でしょ(笑)」と通勤中のシチュエーションで恋人探しが堂々とできることを説明しました。重ねて、「ただね、明日からの通勤電車で同じことをしないように(笑)」と注意も促しました。

電車に揺られること1時間半。健軍商店街に着いてからは、買い物をしながら通りをぶらぶらする疑似デート体験がスタート。30代参加女性からは「この人とデートしたらこんな感じなんだ…というのが分かってよかった」という感想がありました。出会うだけでなく、良い交際に発展するようにその先のイメージを広げてもらうこともプログラムの目的です。とはいえ、女性と歩くことに慣れない男性参加者もいて、手と足が一緒に動いている様子も見受けられました(汗)。デートの心構えも事前に教えておくべきだった…とちょっと反省しました。

今回の企画は、商店街の活性化や市電活用の啓発を婚活と絡めたものでした。婚活が盛り上がる一方で、健軍商店街の方たちからは「若い人がたくさん来てくれてうれしい」という声をいただきました。商店街も賑わい、12組のペアも誕生。「めでたしめでたし」と余韻に浸りスマホを見てみると…何ということでしょう‼ ネットニュースに「20代男性の4割はデート経験なし」と上がっている…。つまりデートの経験がない男性は全国的に増えているってことよね⁈ まだまだ私の出番はありそう…と感じた夕暮れでした。

イラスト/もりのともしび

イラスト/もりのともしび

タイプの人には車間距離を詰める! 出会いの先にあるデート練習


PROFILE
荒木直美

あらき・なおみ 婚活コーディネーターとして、千数百組のカップルを誕生させた実績を持つ。婚活の心構えやカップルになるための必勝法をレクチャーする、オリジナルの婚「喝」語録が話題に。テレビやラジオでも活躍する主婦タレント。