五木村の人と資源を生かす新事業 住む人の収入とやりがいにつなげたい

2人は、それぞれ災害復興やまちづくりに関わってきた経験を生かし、五木村に住む人や資源を活用した新事業を生み出そうと奮闘中です。

土屋さんは大学生の時、五木村について県外の人の批判的な意見を聞きました。そこで、「何ができるのか分からなかったけれど、わが子のように育ててくれた村の人の役に立ちたい」と将来の道を決めました。東京のNPO法人事務局で地域活性事業のノウハウを蓄積。そこで、中山間地域活性化事業や集落の計画づくりに取り組む日野さんと出会います。土屋さんの五木村への思いを知った日野さんは、結婚後2人で移住することを決めます。

「住む人の収入とやりがいにつなげたい」と、観光客が飲食できるカフェをオープン。また、地元産の蜂蜜を商品化するなど意欲的に活動しています。現在は「コロナ禍で売り上げが落ち込む特産品について、通販での収入アップのため外部の人材とマッチングを進行中」と土屋さん。「村民の数だけ新事業はある」─。2人は10年後の五木村を見据えます。

Time Schedule

〈土屋望生さんのある一日〉
7:00 起床、準備など
8:30 事務作業
10:00 役場で打ち合わせ
12:00 昼食後、村内事業者と打ち合わせ
19:00 趣味やスポーツなど
21:00 家事、残りの事務作業
24:00 就寝

日野さん
1987年新潟市生まれ。大学在学中に中越地震の復興に携わり「中越防災安全推進機構」勤務。新潟の地域づくりに関わる。
土屋さん
93年五木村生まれ。地域活性化事業を推進するNPO法人で知識と経験を積む。2018年結婚、五木村で会社設立。

Information

カフェの情報はインスタグラムをチェック。
https://www.instagram.com/cafe_minamoto/