地域の誰もが集い・使える施設を “スポーツを通じたまちづくり”の拠点に

嘉島町と県サッカー協会の官民連携事業として、来年8月の開設を目指し工事が進む「熊本県フットボールセンター(仮称)」。松下さんは、同センターの管理・運営を担う(株)熊本フットボールセンターの代表取締役を務めます。

サッカーグラウンドだけでなく、保育園、カフェ、コインランドリーなども併設される全国的にも珍しい施設で、その将来像について松下さんは、「単にサッカーやスポーツをする場としてだけでなく、地域の皆さんの交流の拠点にしていきたい」と話します。高校からサッカーを始め、大学卒業後もサッカークラブを運営するNPO法人で地域活動に関わった経験があり、「スポーツを通じたまちづくりを進めることで、(スポーツを)“文化”として根付かせたい」との思いを抱いています。

現在は、施設建設に関する打ち合わせや、企業などへの寄付・出資のあいさつ回りなどに追われる日々。「慣れないことも多く大変ですが、新しいグラウンドで子どもたちと一緒にボールを追いかけるのが楽しみ」と、誰よりも完成を心待ちにしています。

Time Schedule

7:00 起床
8:00 県サッカー協会に出社(自転車またはバス)
9:00 工事・建設業者と打ち合わせ
13:00 企業へ寄付・出資の説明回り
19:00 web会議
24:00 就寝

松下 涼太さん
1983年、天草市(旧本渡市)生まれ。高校からサッカーを始め、筑波大進学後もプレー。2012年に帰熊し、(一社)熊本県サッカー協会に。同協会で事務局長を務め、20年4月から同センター代表。資格にJFA公認指導者A級U‐12など。

Information

「熊本県フットボールセンター(仮称)」建設への寄付・出資に関する情報はhttps://kumamoto-fa.net/をチェック。