「たつベぇ庵かふぇ」店主 小林 のどかさん

祖父が営む仕出し店の一角に一昨年の夏、カフェを開きました。開放的なキッズスペースもあり、大人の目が届きやすい造りは3人の子育て中の小林さんならではの気遣いが感じられます。

オープンのきっかけは、創業55年になる祖父の店が苦境に陥ったこと。大きな宴会場もあったため、以前は毎週のように披露宴や法事などが行われており、祖父が祖母と一緒に作る料理の味も評判だったそう。しかし、時代の流れやコロナ禍で客足が激減。そこで、「若い世代も通いやすいカフェなら、客足が戻るかもしれない」と一念発起。そこには「祖父母の味を知ってほしい」との思いもありました。「孫が一生懸命考えてくれたことなら」と祖父も見守る中、費用を節約するため天井や床、壁をDIYで1年半かけて改装しました。

提供するメニューは、祖父母が手作りした味そのままに、器や盛り付けで写真映えするよう工夫。デコレーションしたひと口大のいなりずしは、若い人や子どもたちに好評です。創業以来の甘味をアレンジした新メニューも考案。祖父母の味の新しいファン獲得のため、挑戦は続きます。

Time Schedule

4:30 起床後、洗濯や弁当作りなどの家事
6:30 子どもを起こし朝食
9:00 下の子2人を保育園へ送る
9:30 出勤
17:30 保育園へお迎え
18:00 帰宅後、隣に住む祖父や両親含め、8人分の夕食作り。夕食後、片付けなど
21:30 就寝

小林 のどかさん

小林 のどかさん
1987年、玉名市生まれ。熊本学園大学卒業後、熊本市内の結婚式場で働く。25歳で結婚し退職後、祖父が長年営む仕出し店「こざき会館」で働き始める。2021年、「たつベぇ庵かふぇ」オープン。玉名市で夫と9歳、5歳、2歳の子どもと暮らす。

Information

インスタで情報を発信中。
tatsubean.cafe_kozaki