ニュースを“伝える”ために日々勉強 休日は一人になる時間も大切に

入社4年目で「news23」サブキャスターに抜てきされ、半年がたちました。「入社試験のエントリーシートに報道番組希望の旨を書いていたので、番組に携わることができてありがたい」。熊本にいる両親からは娘の毎日の声の調子から体調を気遣う連絡が来るそうです。「メインキャスターの小川彩佳さんからは、ニュースを『読む』のではなく、原稿に書いてあることをかみ砕いて理解し、音、表情を乗せて視聴者に『伝える』ことを日々学んでいます」と意欲的です。プレッシャーやミスも“鈍感力”で乗り切るという山本さんは「失敗や反省を受け止めつつ、次の日には引きずらないようにしています」。

休日は外出することを心掛けていますが、時には一人で静かに過ごす時間も大切にしたいと、「朝から家でお肉をコトコト煮込んで、夕食のビールのつまみにすることもあります(笑)」。

「今後は、社会的に弱い立場の人と直接会って、継続的に取材をしていきたい。一つ一つの社会問題や事件の背景を視聴者に伝えていけたら」と真剣な表情で話してくれました。

Time Schedule

10:00 起床、朝・昼食、各テレビ局のニュースチェックなど
15:00 出社
17:00 新聞などのチェック、打ち合わせ
18:00 夕食(弁当)
19:00 メーク、着替え
21:00 打ち合わせ
23:00 本番スタート
24:00 反省会など
翌1:00 退社
翌2:00 自宅で情報チェック
翌3:00 就寝

山本 恵里伽さん

山本 恵里伽さん
1993年熊本市生まれ。同市立西原中から済々黌高へ進み放送部に在籍。明治大文学部演劇学科卒業。2016年、TBSテレビに入社。2019年6月から「news23」(月~金曜23時~放送)のサブキャスターに。

Information

2020年は、もっと現場に出て、生の声を伝えたい。自分なりの視点で取材ができるアナウンサーを目指します。