ママと子どもを共に癒やすセラピーで 家族の笑顔をたくさん増やしたい

録音した母親の心音を微弱な電流に変え、乳幼児に伝えることでリラックスさせる「心音セラピー」。黒木さんは、県内に8人いるセラピストの一人です。 「子どもの体にママの心音を伝えることで気持ちが落ち着き、ぐずりや夜泣きが収まることも。また、子どもが落ち着くことで、ママも子育ての不安が和らぎ、母子の絆が深まります」

元々、心理学に関心があり、さまざまな資格を取得していた黒木さんが、心音セラピーを知ったのは2年ほど前。自身も2人の子を持つ身であり、「子育てに悩むママたちに寄り添う仕事がしたい」と、昨年からセラピストとしての活動を始めました。今後は、まだ認知度の低い心音セラピーを、より多くの人に知ってもらうのが目標です。

さらに、家庭が円満であることが子どもの成長にとって大切だと考え、これから結婚するカップルを含めた夫婦のカウンセリングにも力を入れています。「母子も夫婦も、互いに“違い”を認め合うことが大事。それが自己肯定にもつながります」。多くの家族を笑顔にするため、悩みを持つ人に寄り添います。

Time Schedule

5:30 起床、朝食の準備、そうじなど
9:30 出張セラピー
12:00 昼食
13:00 出張セラピー
18:00 子どもたちと夕食
19:00 夫婦カウンセリング
23:00 夫帰宅、夕食準備
24:00 就寝

くろきふみこさん
1980年、熊本市生まれ。結婚・出産後、3年間の専業主婦を経て、フルタイムで働く傍ら、心理学系の資格取得に励む。その一つ、心音セラピストの資格を生かし、昨年から心音セラピーの仕事を始める。夫と一男一女、ペットのミニウサギと共に暮らす。

Information

くろきさんのブログ「旦那さまから一人の女性として永遠の愛を受けとれるヒミツ」(https://ameblo.jp/free-fumikokuroki/