世界中を旅し、集いの場の大切さを実感 地元・玉名の魅力を掘り起こして発信

今年5月、玉名市高瀬の菊池川のほとりにある築42年のビルをリノベーションし、ホステル&カフェバー「HIKE(ハイク)」をオープンしました。近隣窯元の器の販売や、玉名在住の作家によるイベントなどを通し、宿泊、来店した人たちに地域の魅力を伝えています。

「2人で世界中を旅して最も印象に残っているのは、ガイドブックには載っていないローカルな場所で、現地の人と交流した経験。そこから、地元・玉名に、旅行者や地元の人が集う場を作りたいと思いました」と陽子さん。また、「海外に出て改めて日本の文化やものづくりの素晴らしさを実感した」という充さんは「地元の人にとっては当たり前の風景を丁寧に掘り起こし、その魅力を発信していきたい」と話します。

店を造る際は、地元住民の意見も取り入れ、リノベーションのワークショップを開くなど、地域のみんなと一緒に完成させました。「オープンから半年がたち、少しずつ旅行者と地元の人との交流の輪が広がってきました。今後もたくさんの出会いや発見を提供したいですね」

Time Schedule

7:00 起床、朝食
8:30 陽子さんは息子を保育園へ送り開店準備。充さんは自宅で店のDM作りなど
14:00 充さん店へ出勤
18:00 陽子さん、保育園にお迎え、帰宅
22:00 充さん帰宅

佐藤 充さん・陽子さん
(充さん)1981年福島県生まれ。(陽子さん)82年玉名市生まれ。東京のアパレル会社で出会い、2013年職場結婚。15年12月に同時に退職し、16年1月から2人で世界一周の旅へ。17年4月に帰国後、玉名市の古築ビル再生に着手。20年5月、「HIKE」オープン。

Information

ワークショップなどの最新情報は、ホームページやSNS(「HIKE」で検索)をチェック。