からだはみんな知っている

著:カワムラタマミ

“からだ”と“こころ”がほぐれると、もっと自分を発揮できるようになる。10円玉1枚分の軽い圧で自然治癒力が動き出す─。超人気アロマセラピストによる、本当の自分に戻るための温かなヒント集です。

自分らしく生きていないとき、からだの中で一番分かりやすい影響を受けるのは肩甲骨だそうです。何かしらの問題にぶつかったときや、ネガティブになっているとき、肩甲骨はきゅっと固まり呼吸も浅くなります。肩甲骨は別名「天使の羽根」。無理をしている人の肩甲骨の翼は、からだの中に埋まってしまいます。自由に飛べる翼があるのに、自分で折り畳んで、いつしか飛び方も分からなくなってしまいます。

からだは知っています。やりたくないことを無理にしていることも、自分らしく生きていないことも。そういうとき、一休みして、からだのどこがこわばっているか探してみる。そこに気付けたとき、天使の羽根は飛ぶ準備を始めることができるのです。

からだはみんな知っている

定価 607円 祥伝社 文庫判

紹介するのは

長崎書店
石川 龍一さん

JPIC読書アドバイザー。精神世界、コミック担当

石川 龍一さん