「し~ずのいいね!」では、すぱいすライター「すぱいし~ず」が、気になるグッズやショップなどを紹介しています。

こんにちは。すぱいし~ず・尚です。

最近、化粧品売り場で男性向けの化粧品をよく見かけるようになりました。メディアに取り上げられることも多いですが、お手軽時短メイク派の私には未知の世界…。ちょうどその時、すぱいすスタッフの中で、毎晩の化粧水と美容液を欠かさないという美容男子を発見! そこで、美容男子スタッフと一緒に、メンズコスメを扱う『フルーツギャザリング アミュプラザくまもと店』に行き、メンズコスメの世界をたっぷり取材してきました。 

九州ではここだけ メンズコスメを豊富にラインアップ

アミュプラザくまもとの1階にある同店は、世界中のコスメブランドからセレクトされたアイテムがそろうビューティセレクトショップ。その中でも、メンズやジェンダーレスコスメのラインアップが充実しているのが特長です。

店長の長野さんに伺いました。

フルーツギャザリング アミュプラザくまもと店
店長 長野亜紀子さん

熊本は流行に敏感な土地ということもあり、九州では唯一、ジェンダーレス、メンズコスメのコーナーを設けています。

最近は、オンライン会議などで自分の顔を見る機会が増え、スキンケアやメイクを気にする男性の方が増えています。メンズメイクのテーマは「忍びメイク」。とっても自然なので、メイクに抵抗がある人もぜひチャレンジしてほしいです。

7月から店頭でメイクのタッチアップ(お試し)ができるようになったので、気軽にお声掛けください。

メンズコスメの特長とは

そもそも、メンズ向けコスメは、従来のコスメとどう違うのでしょうか。

長野さんによると、男性は女性よりも顔(特にTゾーン)に皮脂腺が多いためテカリや汗感を抑える効果があるものや、化粧独特のべたつきが苦手という方が多いのでなるべく使い心地を軽くしたものなど、男性が使いやすい工夫がされているそう。また、外で手に取っても恥ずかしくない、シンプルなデザインも魅力です。もちろん、女性も使えます。

美容男子がコスメに興味を持ったきっかけに迫る!

ここで、今回体験する美容男子をご紹介します。

すぱいすが誇る美容男子、入社2年目の営業スタッフ・コータ。

美容に興味を持ったきっかけは、高校時代にさかのぼります。3年生で部活(空手)を引退し、髪形を自由にできるようになり、リサーチのために美容系YouTubeをチェック。その中でスキンケアを丁寧にしている動画を多く見るうちに、自然と影響を受けたのだそう。お風呂上がりのスキンケアを欠かさず、眉も月1回、美容室で整えているほどのこだわりです。ただし、アイテムは近所のドラッグストアなどで入手できるお手軽なものを使用していて、本格的に体験するのは初めて。体験前は、ちょっと緊張していました…。

今回は、スキンケアと、メイク(オフィスOKとオフ用)を体験することに。

持っているだけで気持ちが上がる! アイテムの数々

長野さんにおすすめのアイテムを紹介してもらいました。

まずはスキンケアアイテムから。

ファッションブランドの店舗でも取り扱われているという、「BOTCHAN」のアイテム。

左から洗顔(2090円)、化粧水(2200円)、美容乳液(2530円)、肌補正クリーム(2530円)、コロンスティック(2530円)。

コスパの良さと、ポップなデザインが魅力。アルコールフリーで、肌にも優しい商品です。

スキンケア初心者におすすめの「20NEO」のアイテム。

左からクレンジングジェル(4400円)、オイルクラッシュハイドレーター(6600円)、ナイトクリーム(7150円)。

真ん中のオイルクラッシュハイドレーターは、これ1本だけでスキンケアが完了する万能保湿液。何本も使い分けなくてもいいので、続けやすいと人気です

スタッフ・コータは、とっても迷った結果、手軽そうな20NEOのオイルクラッシュハイドレーターを選びました。

いざタッチアップ!

まずは検温・手指の消毒を行います。

また、メイク用具は使い捨てを使うなど、感染症対策を行っています。

まず保湿から。

スプレーを顔に向けてプッシュ。そして肌になじませます。

コータ「潤いました~」

スキンケアで肌を整えたら、いざメイクを。
まずオフィスOKのメイクをしてもらいました。

使ったのはこちらのアイテム。

FIVEISM×THREEのアイテム。
後列左からゲームフェイスカモキット(フェイスパウダー)4180円(ケース、ブラシ各別売り)、コントゥアバー(シェーディング)5720円、FFコントロールUVツール4400円、リップディフェンス3520円
手前アイブロウスティック2640円(ホルダー別売り)

男性が外で使いやすいような、スタイリッシュなデザインも特長です。

ここでちょっと余談。

この中で気になったのが、一番左のフェイスパウダー。ケースは縦型のデザインなのですが、スマホのようにも見えるんです。
胸ポケットにもきれいに収まります。これなら、さりげなく化粧直しもできますね。

さて、本題に戻って、いざメイク開始!

最初に「FFコントロールUVツール(日焼け止めファンデーション)」で、皮脂を抑え、色ムラを補正します。そして、フェイスパウダーでテカリを抑え、肌に透明感を出します。

そして、眉を整えます。眉尻をちょっと足すだけで、りりしいイメージになり、商談などでのイメージも良くなるとか。最後に眉用マスカラで流れを整えます。

そして、優しい顔のコータに鋭さを出すため、ローライトを入れます。 「お」の口にした時の頬のくぼみに入れて…

指でのばします。 顔にメリハリを付けたところで、オフィスメイクの完成!

完成したオフィスOKメイク

肌に透明感がプラスされ、爽やかさ5割増し!

眉も整えたので、営業スマイルがより映えます。

コータ「肌感が変わりました♪」

続いて休日のメイクにも挑戦

こちらは男性スタッフの森さんが担当してくれました。

森さん

海外でメイクを勉強してきました。スキンケアやメイクにこだわるようになって、肌つやが良くなりましたよ! 

男性のフルメイク、楽しい~♪

使ったアイテムはこちら。

同じシリーズの、左からアイシェードトランス各3850円、コバートディフィニションツール(眉マスカラ)4400円、ミラークールタッチバー4400円、手前はアイブロウスティック。

メイクのテーマは“買い物デート”に設定しました。

まず、オフィスメイクよりも眉をハッキリ、キリっとさせるため、眉山を高く、眉頭をしっかり描きます。

そしてシャドーを入れます。先にベージュでアイホールの色を抑えてから、ブラウンを乗せていきます。 さらに、アイラインを目の際に引きます。

一番変化を感じたのは、チーク。にこっと笑った時に頬の一番高い部分に色を乗せて、ぼかします。血色が良くなりますよ。
リップとしても使えるので、リップも同じ色で合わせています。

最後にパウダーで肌を整えて、デートメイクが完成!

お買い物デートの勝負用メイク

見た瞬間のコータ「きゃりーぱみゅぱみゅみたい」。

言うほど変わってない?
でも、眉とチークでだいぶ印象が変わりました。
決して「ケバい」ではなく、「忍びメーク」なので、悪目立ちすることなく、デートへのわくわく感も高まりそう!

お店には他にも多くの商品がそろっています。
顔を整えると、気持ちもとても上がるもの。ぜひ自分で試したり、身近な男性に勧めてみたりしませんか。

そして何より、オールインワンゲルとBBクリームで全てを済ませている私も、もう少し、スキンケアやメイクを頑張ろうと思ったのでした。