[Vol.490]食べる

中国の伝統医学に基づき、季節や体調に合わせた食材で料理することで、健康的な体づくりを目指す「薬膳」。冬に起こりやすい不調を和らげる食材と、家庭でも簡単にできる薬膳レシピを教えてもらいました。

親子で食べたい冬の薬膳ごはん


冬に気を付けることは?

これからの時季は寒さによって体の免疫力が低下しやすくなります。体を温める食材で冷え対策をすることと、腸内環境を整えて免疫力を上げることがポイントです。

また冬の間は、体力を消耗せず蓄えることが大切。しっかり睡眠を取り、エネルギーの貯蔵庫となる器官の働きを補う黒い色の食材を意識して取り入れましょう。


冬のおすすめ食材

(1)体を温めるもの

ニラ、ニンジン、長ネギ、ヤマイモ、ミカン、エビ、ブリなど

(2)黒い色のもの

黒ゴマ、黒豆、ヒジキ、ノリ、ゴボウ、黒キクラゲなど

(3)腸内環境を整えるもの

みそ、納豆、ぬか漬け、切り干し大根、ホウレンソウ、蜂蜜など


手軽にできる冬の薬膳ごはんレシピ

ホウレンソウとツナの黒ゴマあえ

詳しいレシピはこちら

ホウレンソウとツナの黒ゴマあえ


ブリの南蛮みぞれだれ

詳しいレシピはこちら

ブリの南蛮みぞれだれ


教えてくれたのは

薬膳アドバイザー
山口良子さん

子育て情報紙「くまにちキャロット」の公式Instagramで夕飯レシピを更新中。

冬は体力を温存し、体を温めることで、冷え性対策や免疫力アップにつながります。

くまにちキャロット公式Instagram

https://www.instagram.com/carrot_kumamoto_heart/?hl=ja

山口良子さん