家飲みを格上げするテクで最高においしいビールを飲みたい!

仕事から帰り、わが家でビールの缶をプシュッと開ける瞬間は、とっても幸せなものです。これが居酒屋のジョッキで飲むようなキンキンに冷えた絶品ビールだったら…。そこで、すぱいし~ず・尚が、自宅でおいしいビールを飲むためのコツを教わってきました。

極上のビールで一日を締めくくりたいの〜!


温度やグラスの手入れでビールの味は変わる!

立派なサーバーなどもない自宅でビールをよりおいしく味わうには?サントリー九州熊本工場の岡村さんに尋ねると「ビールは製品ごとに味わいや香り、泡の質などが異なり、お店ではそれぞれの良さを一番引き出せる工夫が施されています。自宅で楽しむ際も、温度やグラスの手入れなどに気を付ければ、よりおいしく味わえますよ」と教えてくれました。また、数あるアルコール飲料の中でも、ビールは最も日常的に飲まれるお酒。「ビールは食事に合うように作られているので気軽に楽しんでほしい」と岡村さん。居酒屋クオリティーのビールを自宅で再現するため、気合たっぷりで臨みました!

教えてくれたのは

サントリー九州熊本工場
岡村さん

ビールの味わいは麦芽とホップ、水が決め手。ザ・プレミアム・モルツの場合は、きめ細かな泡と繊細な味わい、華やかな香りを楽しめるのが特長です。

お問い合わせ

サントリー九州熊本工場

住所
上益城郡嘉島町北甘木八幡水478
TEL
096-237-3860
営業時間
9時30分〜17時
休業日
年末年始・工場休業日

岡村さん


グラスの形

グラスによって味わいや香りなど、よりビールの魅力が引き出されます。下記は一例。

ピルスナーグラス

グラスの背が高く底が絞られているので、底から程よい泡が立ち上がります。ジョッキよりもガラスが薄いので、繊細な味わいを満喫できます。

ピルスナーグラス

チューリップグラス

広がった胴と絞られた口で、香りを膨らませて閉じ込める効果があり、ビールの香りや味わいをじっくりと楽しめます。

チューリップグラス

ジョッキのように持ち手が付いているグラスは、手の温度が伝わりにくいのが利点。


泡の質は、麦芽やホップ、製法によって変わります。ふたの役割もあり、炭酸ガスや風味が抜けにくくなる上、温度の上昇を防ぎます。

注ぐ量

一般的に液体と泡の黄金比は7:3といわれています。時間がたつと泡は消えていきますが、飲むたびにグラスが傾くので液体に刺激が加わり、泡が再生します。

温度

夏場は4~6℃、冬場は6~8℃が最もおいしく飲めるといわれています。

一般的に液体と泡の黄金比は7:3といわれています


飲む前の準備

缶は飲む2〜3時間前までには冷蔵庫に入れましょう。冷やし忘れた場合は、氷水に20〜30分漬けて。急いで冷やそうと冷凍庫に入れるのはビールの風味が落ちたり缶が破裂したりするので厳禁! 泡も立ちにくくなります。

缶は飲む2〜3時間前までには冷蔵庫に入れましょう


便利グッズを使う

「神泡サーバー」(2420円)は超音波振動で、きめ細かな泡を作り出すビールサーバー。ザ・プレミアム・モルツ専用。

「神泡サーバー」(2420円)


グラスの洗い方

油がグラスに付くと、泡持ちが悪くなるので、グラス専用のスポンジで洗いましょう。底まで洗えるような長さのものが便利。洗ったグラスは自然乾燥で乾かします。布巾で拭くと繊維が残ってしまい、泡持ちが悪くなります。食器洗い機を使う場合は、他の食器は入れず、グラスだけを洗いましょう。


注いでみよう

グラスを45度に倒し、グラスの7分目まで液体を注ぐ。

グラスを45度に倒し、グラスの7分目まで液体を注ぐ。

泡を作り、グラスの縁ギリギリまで入れる。

泡を作り、グラスの縁ギリギリまで入れる。


おすすめのおつまみ

定番の枝豆、刺し身などはどのビールとも相性◎。ザ・プレミアム・モルツの場合、ビールの炭酸ですっきり食べやすくなる揚げ物や、ビールと同じ発酵食品のチーズを使ったメニューとの相性がいいのだとか。

おすすめのおつまみ


自宅で実践してみました

朝からきれいに洗って自然乾燥させたグラスと缶ビールを冷蔵庫に入れて出勤。帰宅後、グラタンとコロッケなどを調理。配膳が済んだところで、ビールを出し、習った注ぎ方で「7:3」を実践すると…。おお~、泡の状態も完璧! 喉越し最高! グラタンとコロッケはビールともよく合いました。何より子どもたちと別メニューを用意しなくていいから楽♪ 一日の終わり、極上のおうちビールで癒やされました。

くぅ〜っっっ!!うまい!!

意外と加減が難しい(汗)