ベビーシッター「くまマーナ」 守口 真奈美さん

幼い頃に保育園で世話をしてくれた先生に憧れ、保育士を目指した守口さん。約20年にわたり現場で働いた後、昨年12月にベビーシッターとしての仕事を始めました。

独立を志したきっかけは熊本地震。長男の子育てに加え次男を妊娠中で、周囲の支えなしでは避難生活もままなりませんでした。以来、そうした支援への恩返しも含め、「もっと子どもとその家族に寄り添える仕事がしたい」との思いを抱いていました。

まだ熊本ではなじみの薄いベビーシッターですが、母親の習い事やセミナー受講、夫婦水入らずの外出、さらには、母親が体調に不安があるときなどに利用されています。「預けることに後ろめたさを感じず、心置きなく自分の時間を楽しんでほしい」と守口さん。

ベビーシッターは、ほぼ1対1で子どもの世話をするので、3~4時間の間でも成長が垣間見え、改めて子どもと関われる仕事にやりがいを感じています。「一人でも多くのお母さんを笑顔にしたい」との思いを胸に、今日も新たな家族の元を訪れます。

Time Schedule

5:45 起床、家事
7:00 長男送り出し、犬の散歩
8:00 朝食、次男の保育園送迎
11:00 コワーキングスペースで事務作業
13:30 ベビーシッターの仕事
17:30 次男のお迎え、買い物
19:00 夕食、家事、子どもの寝かしつけ
22:00 就寝

守口 真奈美さん
1980年、熊本市生まれ。専門学校卒業後、保育士として約20年間、各施設に勤務。昨年12月に独立し、ベビーシッター業を始める。夫と2人の子ども(小5、年中)の4人家族。息抜きは、好きなバンド「THEイナズマ戦隊」の曲を聴くこと。益城町在住。

Information

ベビーシッターに関する問い合わせ・情報は、
E-mail:boohomes073@icloud.com、Instagram:@kumamaana