ライター直が見つけた、風土や歴史の中で生まれ、伝統を守り続けている工芸品や、“今”を感じさせる手づくり品などを紹介していきます。 (随時掲載)

#066 風鈴(日暮窯)/大津町

磁器ならではの澄んだ音が重なり合いながら不規則に響く…。トルコブルーの色合いが涼やかに感じられる風鈴です。日暮窯の江藤裕次郎さんが手掛けています。

江藤さんの風鈴は薄くて大きめ。これは余韻を味わうためです。さらに少しの風でも音が鳴るように、短冊を付けた風鈴の中の小片を軽くし、風鈴の胴との間隔にも微妙な調整が施されています。

トルコブルーは、絵の具ではなく銅を混ぜた釉(ゆう)薬によるもの。生地を磁器にすることで、よりブルーの色味が引き立ちます。強度を確保するためには高温での焼成が必要ですが、そうすると発色が安定しないのだそう。工夫と試行錯誤の中で生まれたのが江藤さんのトルコブルーです。普段使いの食器もあり、優しい色合いが料理を引き立ててくれます。

※8/30(火)~9/4(日)、熊本県伝統工芸館で作品展を開催

風鈴(日暮窯)(直径85mm、高さ80mm、2800円)

風鈴(直径85mm、高さ80mm、2800円)

【取材先】

日暮窯(菊池郡大津町)

お問い合わせ

日暮窯

住所
菊池郡大津町
TEL
090-5933-9826
お問い合わせ

県伝統工芸館

TEL
096-324-5133

インスタグラムでも作品を紹介しています。

spice.kuma.tedukuricollectionで検索を。
皆さんもステキな工芸品を見つけたら「#くまもと手づくりコレクション」のタグを付けてアップして!