"お金のプロ"がズバリ!家計簿チェック

今回答えてくれるのは 佐藤ななみさん

今後昇給を望めず、将来が不安… 資産形成はどうすればいい?【家計簿チェック】

Q. 今後昇給を望めず、将来が不安… 資産形成はどうすればいい?

昨年夏に結婚、夫婦で将来について話すうちに不安になりました。子どもは2~3人を希望していますが、2人とも40代以降に大きく昇給を見込める業種ではないため、どのように資産形成していけばよいか悩んでいます。

返済中のローンは、車2台分と私の奨学金です。奨学金の返済は残り12年と長いため、今ある資金で一括完済することも検討しています。

最近、携帯電話を格安SIMに変更し、保険料も見直して固定費を減らしました。さらに、つみたてNISAも月1万円で始めたところです。

A. 今の堅実な家計管理を続けて 投資信託は比率アップの検討も

新生活開始から丸1年が経過しておらず、年間収支が確定していないご夫婦です。あくまで月々の収支とボーナスの使い道からの推計ですが、年間収支は240万円の黒字となる見込みで、手取り額の4割に相当します。この先、産休・育休による減収、また生活費や教育費の増加を考えても、収支が逆転する期間は極めて限定的ではないでしょうか。どうか自信を持って引き続き堅実な家計管理を続けてください。

支出費目の中で、目立って負担感が大きいのがローン返済ですね。奨学金の一括完済をご検討とのことですが、どちらかというと、夫のマイカーローンを優先した方が、金利面でも収支バランスの面でも有益かと思います。このとき、財源はおのずと妻の独身時代の預金(=妻の固有資産)ということになるかと思いますので、資金は夫への融資という形にして、後でしっかり返してもらうことを前提としてくださいね。

生命保険は、妻の入院保障のみ加入とのこと。お子さんをご希望ですので、ご夫婦の死亡保障も検討を。収入保障保険なら遺族の生活保障を低コストで確保できます。

資産運用について、安全資金は既に手厚く準備できているので、月々の積み立てのうち投資信託(つみたてNISA)の比率を上げることも検討できそうです。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に、家計・住宅資金・保険・資産運用・終活に関する個別相談業務やセミナーを展開中。YouTubeチャンネルでもお金の情報を分かりやすく発信。
https://financialcoach.jp/

「家計簿チェック」の相談者を募集中!

専用フォームの必須事項にあなたの家計を入力するだけ。
講師に相談して、家計を見直してみませんか。採用分には商品券3000円進呈。

専用フォームにアクセス!

※応募後、紙面掲載が決まりましたら、講師から確認の電話があります
※紙上では仮名とさせていただきます
※お預かりした個人情報は、応募内容の確認のための連絡および賞品の発送以外に使用しません

さとう ななみ