"お金のプロ"がズバリ!家計簿チェック

今回答えてくれるのは「浦田幸助さん」

Q. 子どもの今後の教育資金に不安 貯蓄の方法についてもアドバイスを

子どもが中学生になり、今後の教育費に関して不安を感じています。これから先、まずは高校への進学に対して、どのくらいの費用がかかるのか、どのように準備すればよいかを知りたいです。

また、現在貯蓄が全くありません。貯蓄をするためには、まず何から始めるとよいでしょうか。ちなみに、家計の中で医療費が毎月一定額かかっているのは、現在病気療養中で、通院治療を行っているためです。

その他、問題点や改善点があればアドバイスいただければと思います。

A. 高校までの教育費は心配なし 貯蓄には節税やiDeCoの活用を

まず教育費ですが、文部科学省「子どもの学習費調査」によると年間の総額で公立約45・7万円、私立だと約97万円かかります。仮に、私立高校に進学したとすると3年間で291万円+入学金16万円程度になります。ただし、国が学費の一部を負担してくれる「高等学校等就学支援金制度」があります。しんちゃんさんの収入条件で判断すると、授業料に対する支援金39万6000円を受け取れると思われます。これらを鑑みて、あくまで目安ですが、私立に3年間通うと188万円程度になるのではないでしょうか。

今回のご相談では、大学の費用を考えないということでしたので、教育費の心配はそこまで必要ないと思います。ただし、大学への進学を希望される場合は、奨学金制度の利用を検討される必要があるでしょう。

次に貯蓄について、現状でキャッシュフローを作成すると、車の購入など大きな出費があると赤字になる可能性があります。そこで、以下の提案をいたします。年間医療費が10万円を超えておられると思いますので、確定申告をして医療費控除による節税をされてはいかがでしょう。次にiDeCoの利用です。運用益はもちろん、掛け金が全額所得から控除されるので、節税にもなります。そして、NISA口座などで少しずつ運用してはいかがでしょうか。


うらた こうすけ

浦田幸助FP事務所所長。個別相談への対応やセミナー開催など、活動は多岐にわたる。ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、一級ファイナンシャルプランニング技能士。
https://www.sfpmoney.jp/

「家計簿チェック」の相談者を募集中!

専用フォームの必須事項にあなたの家計を入力するだけ。
講師に相談して、家計を見直してみませんか。採用分には商品券3000円進呈。

専用フォームにアクセス!

※応募後、紙面掲載が決まりましたら、講師から確認の電話があります
※紙上では仮名とさせていただきます
※お預かりした個人情報は、応募内容の確認のための連絡および賞品の発送以外に使用しません