"お金のプロ"がズバリ!家計簿チェック

今回答えてくれるのは 佐藤ななみさん

Q.

夫は、資格取得を目指して勉強に専念しており、現在は月5万円のアルバイト収入のみ。主に私の給料で生活しています。

基本的に安いものを探し求めるのが好きなので、支出は一般的に見て少ない方だと思います。ただ、収入も少ないので今後の生活に不安があります。

私は35歳までに子どもをあと2人産みたいと考えています。また、いつかはマイホームも購入したいです。

将来のことがあまりはっきり見えてこないので、このままで大丈夫なのか、果たしてマイホーム購入までたどり着けるのか、もしくは破綻してしまうのかー。想像もつきません。

A.

一言で表現するなら、“達人”レベルの節約家計です。今後、数年のうちに2回の産休をご希望ですが、このペースだと、その間も貯蓄を取り崩す状況には至らなさそうです。

ただ、2人、3人とお子さんが増えれば、それに伴って支出はどうしても増えることになるでしょう。育児に手がかかる分、節約よりも「お金で時間を買う」という選択をせざるを得ない場面もあるかもしれません。この先、マイホーム計画など長期的な生活設計に取り組まれる際は、日常生活費が3~5割程度増える想定で計画された方が、より安全かと思います。

マイホームはどのような物件をお考えでしょうか。例えば「土地から購入して新築一戸建て」なのか、あるいは「少々築年数が経過した中古マンション」なのか。この辺の想定次第で、予算規模には倍以上の幅が生じてもおかしくありません。また、夫の資格試験が成功した暁には、大幅な増収が見込めますね。そうなると住宅ローンの借り入れ可能額もグッと引き上がることに。この点でも、かなり異なる流れとなりそうです。

選択を固めづらい現状に「将来が見えない」とお感じかと思いますが、この状況がずっと続くわけではありません。引き続きコツコツ積み重ねていきましょう。配偶者さまの資格試験の成功をお祈りしています。


さとう ななみ

「お金ともっと仲良く!」を合言葉に、家計・住宅資金・保険・資産運用・終活に関する個別相談業務やセミナーを展開中。YouTubeチャンネルでもお金の情報を分かりやすく発信。
https://financialcoach.jp/

相談者募集!

家計簿チェックをしてほしい読者を募集しています。紙上では仮名とさせていただきます。家計収支表(紙面参照)と住所・氏名・電話番号を書いて下記へ。WEBでも受け付け中!

さとう ななみ

〒860-8506 ※宛先住所は不要
くまにち すぱいす 「家計簿チェック」係
FAX 096-372-8710
spice.spice@kumanichi.co.jp

採用分には商品券3000円分進呈。


次回の予定は

教育費や老後資金の準備は可能?
家計改善のポイントを教えて

お楽しみに!