"お金のプロ"がズバリ!家計簿チェック

今回答えてくれるのは「浦田幸助さん」

熊本出身でいずれは実家に戻る予定 早期退職すべきか、定年まで働くべきか

Q. 熊本出身でいずれは実家に戻る予定 早期退職すべきか、定年まで働くべきか…

熊本出身で関東に住んでおり、定年後に実家に戻る予定です。実家には母(81歳)が住んでいますが、認知症の症状が見られるため、生活の一部は介助が必要と考えています。現在、2カ月に1回帰省し、実家の整理やリフォームの手配などを行っています。

もし、定年前に実家に戻るとすれば、収入も減り、貯蓄ができなくなると思います。一方で、老後のための保険料の支払いは65歳まで続きます。そこで、離職して実家に戻っても大丈夫なのか。65歳まで働いてから戻った方がよいかアドバイスをお願いします。

A. 61歳で退職し実家に戻っては貯蓄も可能になるはず

まずパターン(1)として、57歳で退職し実家に戻ると仮定してキャッシュフローを検討してみます。この場合、57歳以降、生活費を月5万円、帰省費用を年間50万円削減できるとします。また収入は120万円に落とし、57歳時点で退職金1800万円を受け取るとします。そうすると、貯蓄が62歳~65歳の間マイナスになってしまいますが、65歳以降は公的年金や私的年金で十分カバーできるでしょう。

次にパターン(2)として、65歳まで働いてから実家に戻ると仮定します。その際、61歳~65歳は年収を50%に落とし、60歳時点で2000万円の退職金をもらえるとします。この場合、貯蓄が尽きることはなく、65歳時点で1800万円程度の貯蓄を作ることができるでしょう。

これらの仮定から、もしパターン(1)を採用するのであれば、家計を見直すか、公的年金を繰り上げ受給するなどの対処が必要だと思います。家計を見直すのなら、生命保険の終身保険の解約を検討してみてはいかがでしょうか。

ただパターン(2)の場合、今後10年以上実家に戻らないことになってしまいます。

そこで、パターン(3)として61歳で退職して実家に戻る場合を提案します。この場合、貯蓄は尽きず65歳時点で2000万円程度の貯蓄が可能と思います。検討してみてください。


うらた こうすけ

浦田幸助FP事務所所長。個別相談への対応やセミナー開催など、活動は多岐にわたる。ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、一級ファイナンシャルプランニング技能士。
https://www.sfpmoney.jp/

「家計簿チェック」の相談者を募集中!

専用フォームの必須事項にあなたの家計を入力するだけ。
講師に相談して、家計を見直してみませんか。採用分には商品券3000円進呈。

専用フォームにアクセス!

※応募後、紙面掲載が決まりましたら、講師から確認の電話があります
※紙上では仮名とさせていただきます
※お預かりした個人情報は、応募内容の確認のための連絡および賞品の発送以外に使用しません