"お金のプロ"がズバリ!家計簿チェック

今回答えてくれるのは「浦田幸助さん」

マイホームと車の購入を検討中 今後の資金準備も含め、アドバイスを!

Q. マイホームと車の購入を検討中 今後の資金準備も含め、アドバイスを!

第2子を昨年出産し、出産手当金をもらいながら育休中です。1月に復帰する予定ですが、復帰後も手取り収入は現在とあまり変わりません。 近々マイホームの購入を検討しており、さらに車の買い替えも2年後をめどに予定しています。マイホームの借入額はどの程度にするのが妥当でしょうか。車の購入費は手持ちの350万円を充てる予定ですが、このお金は住宅購入の頭金にした方がよいでしょうか。

今後の教育資金や老後資金の準備にも不安があり、アドバイスをいただきたいです。

A. まずは保険を見直し、家計改善を難しいなら住宅購入価格を下げて

まず、住宅ローン控除や団体信用生命保険、金利の低さを考えると、お手持ちの350万円は車の購入費に使う方がよいと思います。

さて、マイホームの購入について考えてみましょう。仮に購入額を3800万円とします。借入金利は1・5%で全期間固定、返済期間は35年としてキャッシュフローを作成すると、モンブランさんが53歳の時(第2子大学入学時)に貯蓄が底を突いてしまいます。

そこで、家計の改善を提案します。最初に取り掛かりたいのは、変額保険の見直しです。こちらは老後資金のためということですが、お2人の公的年金などを考えると、この保険がなくても準備できると思いますので、解約を提案します。また、通信費、小遣い、被服費のいずれか1万円の節約は可能でしょうか。以上の2つを実行されれば、住宅資金、教育資金、老後資金の準備が可能になるはずです。難しいときは、住宅の購入価格を下げるとよいでしょう。

ちなみに住宅を購入する際、借り入れをする人が、iDeCoを行う場合は、その掛け金は所得税の所得控除となり節税できますが、「iDeCo拠出後の所得税+住民税」よりも「住宅ローン控除額」の方が大きい場合、住宅ローン控除を使いきれなくなる可能性があるので、注意が必要です。


うらた こうすけ

浦田幸助FP事務所所長。個別相談への対応やセミナー開催など、活動は多岐にわたる。ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、一級ファイナンシャルプランニング技能士。
https://www.sfpmoney.jp/

「家計簿チェック」の相談者を募集中!

専用フォームの必須事項にあなたの家計を入力するだけ。
講師に相談して、家計を見直してみませんか。採用分には商品券3000円進呈。

専用フォームにアクセス!

※応募後、紙面掲載が決まりましたら、講師から確認の電話があります
※紙上では仮名とさせていただきます
※お預かりした個人情報は、応募内容の確認のための連絡および賞品の発送以外に使用しません