"お金のプロ"がズバリ!家計簿チェック

今回答えてくれるのは「浦田幸助さん」

Q. 教育・老後資金確保が悩みのタネ 貯蓄や投資についてアドバイスを

子どもを授かったのが遅かったため、これからの教育資金をどうするか考えています。県外の私立大学への進学も視野に入れています。

一方で、年齢的に老後資金も考える必要があり、貯蓄を見直し始めました。現在、貯蓄の大部分を預金に回しており、最近「つみたてNISA」を始めました。将来的な家計を考えて、もう少し投資信託を増やした方がよいでしょうか。また、普通預金と定期預金の割合はどのくらいがよいか知りたいのと、他におすすめの金融商品があれば教えてください。

A. 預金比率を下げ国債を検討しては iDeCoの利用もおすすめ

まず教育資金について。高校まで県内の公立で、大学は県外の私立文系に進学したと仮定し計算してみます。すると、お子さんが大学を卒業される時点で家計が黒字のため、貯蓄は尽きません。しかし、この時点でご主人は65歳。もし収入が年金だけになるようだと、この年から収支が赤字になります。その5年後にティファニーさんが65歳になり、こちらも年金生活になられると、さらに収入が減ります。65歳からの基本生活費を仮に20万円で計算すると、ティファニーさんが84歳の時点で貯蓄が尽きてしまう可能性があります。

家計の改善を図る必要がありますが、現状、生活費に大きな無駄は見当たりません。そこで、資産運用を考えてみましょう。

例えば、今後入ってくる家計収支のプラス分の4割(月5~6万円が目安)を年利2%程度で運用していくと、資産寿命が87歳まで延びます。現在、多くの銀行の定期預金では金利が0.002%程度と思われるため預金の比率を下げ、個人向け国債(変動10年)にしてみるのはいかがでしょうか。最低0.05%が適用され、原則として元本割れしません。また、今後金利が上昇した場合、さらに金利が上がる可能性があります。その他、節税しながら運用できるiDeCoの利用も検討に値すると思います。


うらた こうすけ

浦田幸助FP事務所所長。個別相談への対応やセミナー開催など、活動は多岐にわたる。ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、一級ファイナンシャルプランニング技能士。
https://www.sfpmoney.jp/

「家計簿チェック」の相談者を募集中!

専用フォームの必須事項にあなたの家計を入力するだけ。
講師に相談して、家計を見直してみませんか。採用分には商品券3000円進呈。

専用フォームにアクセス!

※応募後、紙面掲載が決まりましたら、講師から確認の電話があります
※紙上では仮名とさせていただきます
※お預かりした個人情報は、応募内容の確認のための連絡および賞品の発送以外に使用しません